宇宙(そら)からの贈り物

人生が癒され幸せになりました。その体験を通して、いただいた気づきや叡智を分かち合い、幸せへの道を分かち合います。

このページ内の記事タイトルリスト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    posted at --:-- | スポンサー広告
ブログを書くために昔の日記を読み返すと、しみじみと、4年前にはまさかこんな幸せな日々が待っているとは思わなかったなあ、あのころの夢が叶っているなあと感動します。

ありのままの私をまるごと受け入れて、愛してくれるパートナーと結婚し。
良いことも大変なことも共に支えあって歩んでいこうと心からお互いに思えて。
私も、彼といるとありのままの自分、自由な自分でいられて。

そんなパートナーと、ささやかながら一緒に暮らせる家があって。

結婚式の二次会パーティも、とにかく来てくれる人に楽しんで欲しいという願いだけで構成したのですが、みんなに喜んでいただけたようでしたし。

そこにいる人みんながつながって、共に喜び楽しみあって、表現して、今生きているというすばらしさを感じることができて・・・という場は、私の究極の楽園でもあります。
ほんの2時間でしたが、そんな楽園を見ることができたかなと思う、そんなパーティができました。


余談ですが、いつか私はチャリティコンサートをやりたいという夢があります。
フラだったり、ゴスペルだったり、和太鼓だったり、即興演劇だったり、歌だったり、短いお芝居だったり、パントマイムだったり。
自分の知っている人がやっている何かしらの芸術表現をすべてコラボしたコンサート。

もちろん観客参加型です。やりたくなければやらなくていいし、やりたければやれる空間。
でも、なるべくみんなが参加したいと思える空間にするのが重要です。

そしてスペシャルで、少しの間会場のみんなでコンセクレーション(光のセッション)をやって、ちょっとだけ地球と、世界にいるみんなのために祈る。
そんな会をやりたいです。


話がそれました。

さらに、私は今4年前には体力がなくてとてもできなかった、フラやタヒチアンダンスをやり。

4年前ラムサで、第一回目のアロマスクールをやっていたのですが、(このときの卒業生が現在のラウレアスタッフであり、愛のエネルギーボディワーカー、めぐむちゃんです)

みんながどんどん先に成長していってしまうような気がしてあせりながら、でもなすすべもなく、私には私のプロセスがあるんだから、と何度もいい聞かせていたあのころ。

時は流れ、今イオ・ラウレアとしての第一回目アロマ・スクール(エネルギー・ボディワーカー養成コース)でボディ・ワークを学び、体の偉大さや個人個人の魂の偉大さに触れることを体験することができています。

本当に、あのころ切実にやりたいと思っていた夢がすべて叶っているなあ、と思います。

あらゆる側面の豊かさを体験する。
そう決めたあのころの夢が、叶っています。
ありがたい、ありがたい。

じゃあ、夢が叶うには、それも4年も待たずしてなるべく早く叶うにはどうしたらいいのでしょう?

まず、そうなる、そうすると決めること。

こうなるといいなあ、ではなくて、それがすでに現在そうであるかように「こうだ」と決めること。
現在すでにそうであると想像して、イマジネーションを膨らませて、リアルに感じてください。

そして、そのときに感じた自分の感情を覚えておいて、いつでもなるべくそのエネルギーの中にいるようにします。


すぐに、ワクワクとそれを感じられたらいいのですが、
以前セルフコンタクトの記録で書いたように、もしそのときに怖れがでてきたら、紫の炎で燃やすとか、天使たちに助けてくれるようにお願いしましょう。

なかなかイメージできないし、感じられない、というのも、もしかしたら何か怖れが邪魔しているのかもしれません。
イメージできなくても、チャレンジしているとワクワクするのであれば、じきにちゃんとイメージして感じることができると思います。
でも、それをしているとなにかイライラしたり、怒りやあせりを感じるようであれば、何かの怖れが影響しているかもしれません。
よ~く、自分に聞いてみてくださいね。


本当に幸せになりたいと思っている人は、世界中でほんの数%しかいないそうです。
驚きですよね。
それだけみんな、変わることに、拡大することに怖れをもっているということだと思います。
私も、こうなりたいと思っているはずなのに、反面そうなることを本当はものすごく恐れている、という自分に何度も出会っています。

才能があるのに、成功するのが怖いがために、片っ端から自分でチャンスをつぶす人もみてきました。

そういうジレンマは苦しいですよね。

その対処法はただひとつ、逃げずに怖れをみるしかありません。それで、ちゃんとその怖れを理解して(何が怖いのか見て、とことん自分と話し合って、納得すれば統合しましょう)、
それから、怖いからやめるのか、勇気を出して一歩踏み出すのか「決める」のです。

それを「決める」というのだと思います。
決める、ということは実はとても深いのだと思います。


腹の底から決めたら、次は宣言しましょう。
自分で「私は○○です」(または、~しました、という過去形か、~していますという現在進行形で)
何度もつぶやいてもいいし、書いてもいいし、もちろん人に話してもいいし。


そして、信じること。
たぶん、これが一番難しいですよね。
コツは、実現化したイメージをして、そのときに感じる感情を作り出したら、その瞬間にいること。今、この瞬間だけを感じること。
未来とか、過去とかに行かないでください。たぶん疑いがでてきます。


最後は、忘れること。

これは、ホント効きます。(笑)
毎日実現化したイメージして、感情を体験して、そのエネルギーの中にいることは大事なのですが、ある時間(たとえば毎日朝の通勤電車の中とかで)それを体験したら、あとはさっぱり忘れます。

理由は、執着すると宇宙からエネルギーが流れ込むのの妨げになるからだそうです。
あと、長くそのことを考えれば考えるほど、人間疑い始めるものなのだそうです。


昔、お芝居をしていたころ。
どうしてもその劇団で主役をやりたいと野心を燃やしていました。
今から思えば、それは見返してやりたいとか、そういう屈折した感情だったのですが、その分パワフルですよね、きっと。

私は、毎日日記に「こうなる」ということを書き、「いまにみてろよ!」と書き足していました。(こっわい~!!笑)

時は流れて、それから、2年後。
主役をやるはずの女優さんが、体調不良で降板し、ピンチヒッターで私が主役をやることになりました。
ちょうどそのころ、偶然昔の日記を読み返して、
そのころに書いていた状況とまったく同じことが今現実に起きていることにびっくりしました。

当時好きだった人が同じ劇団内にいて、その人と付き合っていることまで書いてあったのですが、本当にそのころからその人と付き合い始めていたのです。
日記を読むまで、そんなことを昔書いたことなんてすっかり忘れていました。

そしてそのとき、あまりの念の強さに怖れおののき(爆)
もしかしたら、もっと早く忘れていれば、もっと早く実現したのかもと思ったような気がします。


それから、もうひとつ。

パートナーが欲しくて欲しくて「ソウルメイトと出会う方法」みたいなものを真剣に読んでいたころ、なるべく具体的に、相手像を書くといいというので、あれやこれや書きました。

それもすっかり忘れて、数年後。
結婚して引越しするために荷造りしていたとき、その紙が出てきて、今のパートナーがその紙に書かれてあるとおりの人だったことに、本当にびっくりしました。

素敵なパートナーが欲しい人はぜひ書いてみてね。
でも、毎日「この人かな?この人かな?」と思わないこと、ですかね。(笑)
なんというか、その必死さを手放してください。(爆)

さらっと、素敵なダーリンと幸せな日常を過ごしているシーンを想像して、ほんわか幸せになったら、忘れる。


まあ、ちょいとした体験談でしたが、そんなことで、忘れるに限ります。(笑)

決めて、宇宙に宣言して、感じて、忘れる。
そうしたら、あとは勝手に宇宙が動いてくれるので、それを「信じて」おまかせしましょう。

本当は最大のポイント、「すべては自分の内にすでにある、ということを知る」
っていうのもあるんですが、これはどれだけお話しても、「思考では理解できるけど、腹の底からそう思えなければ思えない」っていう種類のものなので、説明も難しいです。

まあ、文字通り「すべては自分の中にすでに存在する」ということを繰り返し唱えるだけでも、ハートが理解してくれると思うので、唱えてみてください。

興味があれば、ラウレアさんで「あるないセッション」と称して、その「すべて自分の中にあるということを知る」セッションを行ってますので、行ってみてくださいね。


スポンサーサイト
    posted at 16:20 | 幸せのみなもと | TB(0) | CM(0)
プロフィール

まゆりん

Author:まゆりん
乳がんになり、代替療法を選択したことからさまざまなヒーリングを体験。その結果、人生が癒され幸せになりました。その体験を通して、いただいた気づきや叡智を分かち合い、幸せへの道を分かち合います。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
フリーエリア

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。