宇宙(そら)からの贈り物

人生が癒され幸せになりました。その体験を通して、いただいた気づきや叡智を分かち合い、幸せへの道を分かち合います。

このページ内の記事タイトルリスト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    posted at --:-- | スポンサー広告
さて、今日は前回の続きです。
前回は、フィンドホーンのフラワーエッセンスのお話をしました。

フィンドホーンをご存じない方のために、ここで少しフィンドホーンの説明をいたしますと。


フィンドホーンは、北スコットランドにあるコミュニティ。
1962年アイリーン&ピーター・キャディ夫妻と、友人ドロシー・マクレーンの3人が自然の中で自分らしく生きたいと、その場所でトレーラーに住み始めたことがきっかけでできました。

そこに住んでいるうちに、アイリーンやドロシーは、妖精や天使が実際に存在していることを感じます。そして、神とのつながりも深め、いろいろなメッセージを受け取るようになりました。

ある日、受けたメッセージ通りに、最初荒地だったその場所を開墾し、野菜を作り始めたところ、
砂地にできるはずのない立派な野菜や、巨大なかぼちゃなどができて話題になり、地質学者などが調べたけれど、なぜそこまでの野菜が育ったのかはわからなかったそうです。

結局、肥料が良質とだけでは説明がつかず、そこには明らかに目に見えない愛のエネルギーが介在しているとしか思えないという報告が発表されたそうです。

そしてそのエネルギーに触れたいと世界中から人々が集まるようになり、今では
年間15,000人以上の人が訪れ、常時400人くらいが住み、国連からもNGO
として認証される共同体となり、世界のパワースポットのひとつといわれています。


余談ですが、たくさんの人がフィンドホーンを知り、このコミュニティができあがると、そのような巨大な野菜が採れることはなくなったそうです。

つまり、どうもこのフィンドホーンという土地を世界に知らせるために、巨大かぼちゃができたようなのです。すごいですね。うわぁ・・・

このフィンドホーンに訪れると、フィンドホーンでの生活の体験レクチャーが1週間くらいあるそうです。瞑想したり、愛を込めて仕事をしたり、グループでいろいろなレクリエーションをしたりします。

こうした寺山さんの本の中に出てくるフィンドホーンの世界を読んですぐに、なぜかこの場所、とても良く知っている、いつか行きたい!と思いました。


だいぶ話がそれましたが。

今や植物を愛してやまない私は、そのフィンドホーンで作られているフラワーエッセンス!と、とても興味が沸いて調べ始めました。

ノリリンちゃんの教えてくれたブログには、他にも、アンジェリックのDNAクリアリングというフラワーエッセンスが紹介されており、これもまた魅力的。

その効能は、
今生や過去生、両親、家族、文化、国家、惑星、宇宙などによるトラウマのパターンをDNAからとりのぞく助けをしてくれます。
大きな自由、明晰さ、明るさ、新しい存在としての可能性と新しい生き方をもたらしてくれます。私たちが繰り返す病気や事故などのパターンから解放してくれます。
というもの。

私の病気はカルマ的な要素が強いと和さんに言われていますから、これはもしかしたら両方とても良いかも~、と思いました。

続く・・・。

人気ブログランキングへ
←ランキングに参加しています。気が向いたらポチッとしてみてね。





スポンサーサイト
テーマ:癒し・ヒーリング - ジャンル:心と身体
    posted at 15:38 | 体験記 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

まゆりん

Author:まゆりん
乳がんになり、代替療法を選択したことからさまざまなヒーリングを体験。その結果、人生が癒され幸せになりました。その体験を通して、いただいた気づきや叡智を分かち合い、幸せへの道を分かち合います。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
フリーエリア

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。