宇宙(そら)からの贈り物

人生が癒され幸せになりました。その体験を通して、いただいた気づきや叡智を分かち合い、幸せへの道を分かち合います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    posted at --:-- | スポンサー広告

再び福井へ

10.24.2008
※ これは4年前の記録です

2004年の7月は、アンマのさまざまな儀式に参加したり、福井の先生にもう来なくて大丈夫といわれたり、病院で検査をしたりということがあり、あっという間に過ぎていきました。


8月も、バタバタと過ぎて、忙しくしていたせいなのか、ちょっと油断して動物性のものをたくさん食べたせいなのか、9月に入ると、和さんに「ちょっとガンの動きを感じるから、大至急福井に行って」と言われてしまいました。


そして、9月9日福井の先生に診てもらったら、ガンがぶり返していることがわかりました。

ショック。こんなに簡単にぶり返すとは。


福井の先生は、「こりゃひどい。しょっぱいものを食べてはだめだといいませんでしたか」といいます。

私は、「気をつけているつもりなんですけど・・・」というと、
先生は、「いや、だいぶしょっぱいものが入った。来たときに顔をみてすぐわかった」といいます。

そしてきっぱり、「切った方が早く治る」


以前先生は、どこかしら切ってしまうと、身体のバランスが崩れて、だんだん弱っていくから、なるべく切らない方がいいといっていたのに。


先生にそう言われたという話を母にすると、「そういう選択肢もあると思うよ」といいます。

でも、今までさんざん、切ったらがんは全身に飛ぶといわれてきたのです。私はどうしても急に頭を切り替えることができません。

気功もたくさん通うし、食事にも気をつけるから、まだまだこのままでやってきたいと伝えました。


すると、翌日母から「治療方法について話し合いたいので、会いませんか?」というメールが来ました。

ということは、もちろん反対されるのだろうと思い、憂鬱になりながら話を聞くと、母はもう精神的に限界で、夜背中に痛みが走り、呼吸が出来なくなったといいます。

精神的にも金銭的にも、いつまであんたを支えてあげられるかわからない、と。

だんだんお金にも余裕がなくなってきたし、今ならまだ、手術や入院のお金も出せるけど、もう少ししたらそれもできなくなるから、と。

私は、でも、まだ出来ることがあるから、3ヶ月精一杯やってみたいと思う。お願いだから、3ヶ月待ってもらえないだろうか、と言いました。

では、3ヶ月で区切っても良い?と母はいいます。


この頃母は、編集社時代の知人で、帯津三敬病院の医院長である帯津先生の本を出したことがある人から、帯津病院の話を聞いていました。

私も、がんに関するさまざまな本や代替療法を調べていくうちに、ホリスティック医学の日本での第一人者として活躍されている帯津良一先生のことは、すでに知っていましたので、帯津病院ならばいいかなあと思っていました。

他の病院では、相談に乗ってもらえないことも、相談に乗ってもらえるかもしれない。
ともかく、検査はして欲しかったのですが、この間のような嫌な想いはしたくない。
強引に、手術、放射線、抗がん剤の治療に持って行かれるのではなく、何か良いアイデアを出してもらえるかもしれない。そう思ったので、一度ともかく帯津病院に行ってみるということで、母とも合意しました。母も、とにかくちゃんとしたお医者様なら安心、ということで。


この頃の私は、必死だったこともあって、かなり頑なになっていたと思います。絶対、化学治療は嫌。薬も嫌。
だから、当時の私は、三ヶ月というふうに区切るなんて、と思っていました。


でも、今こうしてみると、母の気持ちは痛いほどわかります。
なんだかわからないところに行って、治ったって言われて、2ヶ月後にはまたぶり返したと言われて、原因はしょっぱいものを食べ過ぎたから、といわれても・・・。(笑)
なかなかすぐには消化できないですよね。
母とすれば、娘の命が、わけのわからない人に翻弄されているような気分になったかもしれません。

ともかく、そんなことで、帯津病院に行くという流れになりました。

スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体
    posted at 11:38 | 体験記 | TB(0) | CM(1)

この記事に対するコメント


はじめまして。

私もアマチのダルシャンに2回ほど行ったことがあります。

ルミンAという薬をご存知ですか?
免疫を高める薬で副作用もほとんどないといいます。私も抗生物質の代わりに飲んだりしています。体を元気にする作用もあるようなので、よかったら調べてみてください。

治療をするというものではありませんが、お医者さんと相談して今の治療やお薬と併用できるようであれば、飲んでみるのも良いかと思います。

値段もある程度はしますが、毎日1~2錠程度なので、そんなに負担はかからないのではないでしょうか。

ご病気から様々な気づきを得て、成長されようとしていることは、とても素晴らしいことだとおもいますし、とても勇気のいることだと思います。

早くご病気が良くなられますように。
【2008/12/18 11:31】 URL | karuna #- [ 編集 ]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

プロフィール

まゆりん

Author:まゆりん
乳がんになり、代替療法を選択したことからさまざまなヒーリングを体験。その結果、人生が癒され幸せになりました。その体験を通して、いただいた気づきや叡智を分かち合い、幸せへの道を分かち合います。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
フリーエリア

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。