宇宙(そら)からの贈り物

人生が癒され幸せになりました。その体験を通して、いただいた気づきや叡智を分かち合い、幸せへの道を分かち合います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    posted at --:-- | スポンサー広告
病気を悪いものと思わないでほしい。
その理由として、さらに、山本先生は続けます。

「世の中にはたくさんの感情が渦巻いていますよね。今この瞬間にもたくさんの人にたくさんの感情が生まれている。怒り、悲しみ、苦しみ、憤り。

臓器にはそれぞれ対応する感情があるというお話をしましたよね。

例えば肺ガンの人は、100人分くらいの人の悲しみを代わりに自分の体に引き受けてくれているのだとしたらどうしますか?肝臓がんの人は、30人分くらいの怒りを代わりに引き受けているとしたらどうしますか?

そう考えたら、なんかまた病気の受け取り方が違ってくるよね。

ぼくは、がんの患者さんって結構そういう人いると思うんですよね」

これを言われたときに、とても不思議なのですが、心の深いところでなにか大事なことを思い出しそうな気持ちになりました。

なにか、やるべきこと、やろうと決めて生まれてきたこと。

報われなかったことが報われたような気持ち。

そういう何かを、思い出しそうになったのです。


がんはカルマともいわれます。
でも、それは、そうであるといわれているだけで、本当のところは誰にもわからない。

いろいろやっても治らない人もいれば、簡単に治ってしまう人もいる。
その理由が私たちにはわからない以上、人智を超えた何かが作用しているということなのでしょう。

過去にやってきたことの清算のために、今病気になっているのかもしれない。
でも、カルマといわれると、なんとなく罰を受けているような気持ちになる。

その気持ちが、先生の一言で軽くなり、ハートが開いて涙が止まりませんでした。

そして、その大事な何か、やろうと思って生まれてきてまだしてない何かがある、という感覚を忘れないようにしておこうと思ったのでした。

その何かは、ハートの深い深い場所、すべての源と繋がっている場所から来ている、「愛」と似ているもの。

言葉にすると難しいのですが、そんなようなものでした。


←気が向いたらポチッとしてみてね。



スポンサーサイト

    posted at 11:32 | 体験記 | TB(0) | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

プロフィール

まゆりん

Author:まゆりん
乳がんになり、代替療法を選択したことからさまざまなヒーリングを体験。その結果、人生が癒され幸せになりました。その体験を通して、いただいた気づきや叡智を分かち合い、幸せへの道を分かち合います。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
フリーエリア

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。