宇宙(そら)からの贈り物

人生が癒され幸せになりました。その体験を通して、いただいた気づきや叡智を分かち合い、幸せへの道を分かち合います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    posted at --:-- | スポンサー広告
最近ふと思ったこと。

「治るかなあ」ではなく、「治す」のだということ。

これは、治す!!という力の入った闘争心のような意味ではありません。

病気になった当初は知識も少なく、その気合しか頼れるものがなくて、肩に力が入りまくっていましたが。

そうではなくて、普通に、自分が作ったものだから、自分でケアして治すのだなあと。
それがナチュラルなことだなあと、しみじみ思ったのでした。


皮膚にキズを負ってしまったとき、治す!という気合だけではなくて、(気合だけではこの場合治るのに時間がかかりますよね)
普通に消毒して、薬をつけて、入浴するときはバイ菌が入らないようにしてちゃんとケアしますよね。傷口が広がらないように絆創膏を貼って。必要なら、傷口を縫った方が早く治るかもしれない。

早く治すには、少し経ったら傷口を乾かした方がいいとか、いろいろコツもあると思います。

つまり、そういうこと。

病気が大きいと、自分の手に負えない!とパニックになってしまって、手に負えないものだから、気合に頼ってしまってたけれども、本当はこのキズへの対処と同じように、ちゃんと治るためのケアをしてあげて、がんばるのではなくゆる~く「治そ~」と思えば治るのではないだろうかと思ったのです。(リラックスが自然治癒力の働くコツなので)


確かに時間がかかるものとそうでないものがあるし、カルマ的なものや治らないことに意味がある場合は治らないこともあると思いますが、ともかく着実に、体と心をなるべく自然に自然に戻すことを意識していれば、ちゃんと本来の自然な状態に戻るのではないかしら。

やることをやれば、あとは自然治癒力という神様の領域が働いてくれる。

今までは、キズを負ったときに、気合と精神力で「治す!」と言っていて、実際に消毒したり、こまめに絆創膏を変えたりなんてことをやってなかったのではないかな。


例えば食事とか。
ある食事療法をやって治ったって人がたくさんいるということは知っているけれども、辛いからほどほどにしかしてなかったり。(食事療法に関しては、良い面と悪い面といろいろな情報があって難しいのですが)

例えばプチ断食とか。
プチ断食っていい、いいと以前から良く聞いていました。
それは、内臓が休んで新陳代謝がよくなって、毒素が排出され、自然治癒力が高まるとか、いろいろな理由で。

でも、これは最近知った情報ですが、もっとすごいことが。
特にがんの人とかに有効な理由として、上記に書いたこと以外にもすごい理由があったのです。

人間の体って飢餓状態になると、健康な細胞が、異常な細胞を餌にして食べてしまうのだそうです。
だから、がんの人には特にいいらしいです。
腹八分目が医者いらずなのも納得しますよね。
お腹いっぱいいつも食べていたら、空腹になることがないわけだから、健康な細胞が、異常な細胞を食べることはないわけで。


話はそれましたが、そんなプチ断食も、休みの日はダーリンと好きなものを好きなだけ食べたくなるので、なかなか実行できないわけです。苦笑

心のケアは山ほどしてきたけれど、物理的な部分への働きかけが少なかったかもなと思いました。

だからいつもどこか不安で「治るかなあ」と思っていた。
誰かに治るよって保障してもらいたくなった。
そして、恐れから結果を急いで力も入りすぎていた。

和さんも、「最大限の努力をしたときに、神は奇跡を起こしてくれる」と良く言っていました。

食事療法も精神力を鍛えるようなもので、完全にコントロールできる人は解脱した僧侶くらいだと一説にあるくらいなもの。

でも、最近やっと瞑想が毎日できるようになったせいか、ちょっとちゃんとやってみようかな~と思ったりしています。
楽しくおいしく体に良いものを摂れればベスト。基本は楽しいでやって行きたいと思います。

本当に治す気があればできることですね。


そう、9月は「本当にそれをやる気があるのか!」ということが試されるような出来事が起きてくる月だそうです。

皆様も心あたりがありますか?

人気ブログランキングへ
←ランキングに参加しています。気が向いたらポチっと押してね。

スポンサーサイト

    posted at 15:57 | つぶやき | TB(0) | CM(6)

この記事に対するコメント

No title
昨日、素敵なプレゼントがクール宅急便で(笑)届きました。
うちの愛犬ナポリたんのために先日コンタクトをとった愛知の獣医さんから・・。手作り食材のおすそ分けと心のこもった手紙つき♪バッチフラワーやハーブのほかに自然食についていろいろ知識をさずけてくれました。『どんな病気に関してもですが家庭でできることはたくさんありますよ。(とくにうちのナポには)【うれしく・おいしく・たのしく】ご飯をたべること。それをみている私も作るよろこびを感じること・・これが何よりもいいお薬です』『病をわずらって心配ですが、これからは病気にまけないからだづくりをこころがけることができるので、より安心な生活がおくれていきますよ』と・・長文手書きのレターで感動でした。財布にお守りでいれちゃったくらい(笑)患者でもないのに知識をシェアしてくれるなんてALOHAなんだろ・・って。マユリンもそう。。自分の知識をシェアしてくれる。。そんな人たちに出会えたわたしは本当にしあわせだよ~^^今回はブログネタからズレテル&長文コメント失礼しました。
【2009/09/08 18:04】 URL | のりりン #- [ 編集 ]

偶然にも
ちょっと前から読んでた本が、「ウイルスは怖くない」というタイトルで、内容は半断食や玄米菜食などについての本。

こういったものを読むたび、自分の食事を振り返り反省しきり・・・・(-_-)
【2009/09/08 23:25】 URL | あい #Xdxvf/.Q [ 編集 ]

Re: No title
のりりん、素晴らしい獣医さんに出会えてよかったね。^^フラワーエッセンス、ハーブ、自然食の知識もとてもありがたいよね。そして、うれしく・おいしく・たのしくご飯を食べる、とか、』『病をわずらって心配ですが、これからは病気にまけないからだづくりをこころがけることができるので、より安心な生活がおくれていきますよ』とか、私も一緒に励まされるよ。すごく素敵なメッセージだね。
のりりんのナポを想う気持ちが、素敵な獣医さんを引き寄せてくれたんだね。
なんか最近うちの姉が沖縄のノニを頼んでくれているんだけれど、そのノニショップもむちゃくちゃ感じいいらしい。商品が届いて中をあけたら、おせんべいやなつかしのお菓子がたんまり入っていて、気持ちです。勝手にごめんなさい、みたいな手書きの手紙が。じーん。関係ないけど、こういうふうにひとりひとりに大切に接していきたいものだね。
【2009/09/09 10:03】 URL | まゆりん #- [ 編集 ]

Re: 偶然にも
そうそう、そうなのよね~。私も今「乳がんと牛乳」って本読んでいるんだけど、すごいよ!!びっくらこんだよ。
書いたのは乳がん5回の再発で余命3ヶ月とか言われた研究者。乳製品を一切やめたら、それから15年経つ今でも全く再発しなんだって。発表したら、散々批判を受けたけど、それをくつがえす研究結果を出した人はいまだにいないそう。そのうちここでも紹介するね。
【2009/09/09 10:07】 URL | まゆりん #- [ 編集 ]

脳が半分
 昨日あるTV番組で、人間の脳のすごさと、奇跡をやっていたの
脳科学者が紹介する今の科学でも解明できていない人間の脳の神秘

右脳の半分以上を事故でなくしてしまい本来なら、動く事もしゃべることも、感情さえも表すことが出来ないだろうと、医師から言われた20代の
男性が、両親の愛情とリハビリとで、中国で一番と言われる大学に
再入学でき、しかも女の子と恋愛している

いまも画像では脳の半分が失われたまま。

人間の身体ってすばらしい
人間の脳ってすばらしい
人の愛ってすばらしい

だから私たちはただ、治ることを、出来ることを
愛を、信じて、信じて、信じて・・・・

生きていけばいいんだ

と思った。

生命の強さを信じて・・・

自分のまわりにいるすべての人々の愛を信じて・・・

【2009/09/10 23:53】 URL | ゆかぽん #- [ 編集 ]

Re: 脳が半分
ゆかぽん、素敵なコメントありがとう。
私たちは、現代医学を超えた自分たちの力をもっともっと信じるべきですね。
そして、人の愛の力も、ね。
【2009/09/11 14:06】 URL | まゆりん #- [ 編集 ]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

プロフィール

まゆりん

Author:まゆりん
乳がんになり、代替療法を選択したことからさまざまなヒーリングを体験。その結果、人生が癒され幸せになりました。その体験を通して、いただいた気づきや叡智を分かち合い、幸せへの道を分かち合います。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
フリーエリア

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。