宇宙(そら)からの贈り物

人生が癒され幸せになりました。その体験を通して、いただいた気づきや叡智を分かち合い、幸せへの道を分かち合います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    posted at --:-- | スポンサー広告

集中治療③

07.24.2007
※これは4年前のお話です。今日も人によってはしんどいお話があるから、嫌な人は飛ばしてね。^^


二日目は、お風呂に入るのは1回で良いということで、することが何もないので母と近所に散歩に行くことに。

ところが、真夏の暑さとお風呂の好転反応で、外に出て30分も経たないうちに私はギブアップしてしまいました。

母はそのまま散歩を続けるというので、私は旅館に帰って寝ることに。静かに祈りや瞑想をしようと思っていましたが、とてもだるくてそれどころではなく、起きることさえ辛くなってきました。

昨日先生から言われた、がん細胞が点々と全身に散らばっているということ、集中治療も成功するかやってみなければわからない、といわれたことなどが頭の中をぐるぐる駆け巡り、どんどん不安になってきてしまいました。


しばらくしてから母が戻ってきました。
元気いっぱいの母は、「とても気持ちが良かったわよ。あなたのおかげでいい夏休みになったわ」といいました。

今の私は、この言葉の何が気に障ったのかわかりません。

しかし、当時の私はなにしろ必死で、この集中治療で良い結果がでなければ死んでしまうかもしれない、私にとっては西洋医学の手術の前と同じくらいのナーバスな気持ちでいたので、この「夏休み」という呑気な言葉にカチンと来てしまいました。


この頃の感情を思うと、当たり前ではありますが、なんと必死で、なんと余裕のなかったことか。

しかし、このあとヘソをまげて母と話したくない気持ちと倦怠感とで、一日ずっと寝込んでいました。(笑)

そしてこのあたりから、病気になってから思っていた、「どうしてこうしてくれないんだろう」などという、母に対する不満や怒りが湧き上がることになりました。

当時の私は、勝手に何か「理想の母」なるものを作り上げて、自分の思う通りではない母を責めていたと思います。

恥ずかしいのですが、当時の私は自分の人生がうまくいかないのを、おそらく母や環境のせいにしていたのです。自分の人生にまったく責任をもっていませんでした。

そのことは、がんという病気を作った原因のひとつでもあったと思います。


そしてそれは、本当にはずかしながら37歳にして、病気をきっかけにして、初めて本気で「自立したい」「自分の人生を生きたい」と強く強く思うこととなったのです。


自分の人生に責任を持つこと。

人に対して腹を立てるのは、本当は同じ部分を持っている自分自身に腹を立てているのだということ。

人は自分自身を見せてくれる鏡だということ。

親であっても子であっても、魂の成長の旅をしている同志だということ。

それぞれ尊い体験を選んでそれぞれの段階にあった学びをしているということ。

それらのことが、この4年間で理解できるようになり、今の私は、母を同じ魂の成長のために旅を続けている大切な「同志」「仲間」と思えるようになリました。

ですので、これからも何度か母に対しての感情を書くことがあると思いますが、それは母を中傷したり責めたりするものではなく、あくまで「私自身」が母への依存や偏った想いから抜け出る過程だと捉えていただけるとありがたいです。

そして、誰かに対して「許せない」という感情を手放せない方の、何かヒントになれば嬉しいなと思うので、親とのことにも触れていきたいと思っています。


さて、そんな感じで一日寝込んでいたわけですが、夕方いよいよ本治療を行うために、先生からお呼びがかかりました。

先生ががんの患者の治療をする間、その旅に参加している人全員が、患者と先生のためにずっと祈りを捧げてくれます。

先生と患者を応援するために。

リュウマチで体が痛くて辛い人など、もちろん元気いっぱいの人はそこにはいません。
みんな自分のことでも大変なのに、1時間近くずっと治療をする部屋の前に集まって祈って下さるのです。

本当にありがたいと思いました。

母は部屋に私と一緒に入り、治療を見ながら、祈ることになりました。

先生は昨日「微妙なところだな。これで治らなかったら難しい」といっていましたが、
今日は「ともかくやってみよう」ということで、かなり長い間身体をこすって、「集中治療」をしてくれました。

終わると、「やれるだけのことはやったから、あとは明日結果をみてみよう」という風におっしゃいました。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体
    posted at 11:40 | 体験記 | TB(0) | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

プロフィール

まゆりん

Author:まゆりん
乳がんになり、代替療法を選択したことからさまざまなヒーリングを体験。その結果、人生が癒され幸せになりました。その体験を通して、いただいた気づきや叡智を分かち合い、幸せへの道を分かち合います。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
フリーエリア

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。