宇宙(そら)からの贈り物

人生が癒され幸せになりました。その体験を通して、いただいた気づきや叡智を分かち合い、幸せへの道を分かち合います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    posted at --:-- | スポンサー広告
昨日、11/23日にNHKでやった立花隆さんのドキュメンタリーをビデオに撮っていたものを観ました。
http://www.nhk.or.jp/special/onair/091123.html

立花隆さんは2年前に膀胱がんになります。
多発性なので、再発転移は、ほぼ確実にあるだろうと医者に言われます。立花さんは、ジャーナリストですので、その視点で、「人類はなぜがんを克服できないか」という基本的な疑問をテーマに、いろいろなところに取材にでかけます。


アメリカで癌の研究をしているところに次々訪ねていくのですが、知れば知るほど、がん細胞は、私たちが生存していくために必要なものを糧にして成長していくことがわかります。

つまり、がんを成長させる根本のものを絶とうとすると、私たちの生命の存続自体不可能なのだそうです。

では、がんが増殖するパターンを調べようと、500人のデータを取りますが、なんと一人ひとりまったくパターンが違うのだそうです。

だから、がんを克服する方法は今のところ、まったく手がかりがない。

人智を超えているのです。

では、治った人はどうして治るのでしょう。

つまり、これも人智を超えているのです。

治る人は治るし、治らない人は治らない。

立花隆さんは、最後に結論を出します。

まずひとつには、
自分が生きている間に、癌を克服する方法を人類が発見する確率は極めて少ないということ。

そして、がん細胞というのは、半分は自分で半分はエイリアンみたいなもの。
だったら、いたずらに闘ってQOL(生活の質)を下げることはしたくない。

当たり前だけど、人間は死ぬまでは生きていることができる。
むしろ、いつか必ず来る死をどう迎えるか、その死が来る瞬間までどのように生きていくのか、それを考えていきたいと思う、と。

もしかすると、立花さんは臨死体験のレポートもしているので、そういう意味で何か死を受け入れやすい素地があったのかもしれません。

この番組、自分のがんを受け入れられていない人がみたら、たまらないと思います。
救いがない。

でも私は、なんだかすっきりと腹をくくることができました。
人智を超えている病気なんだ。

だったら、神にお任せするしかないじゃない?
祈って、いつか誰にでも来る死をなるべく平穏に迎えられるように、心の準備もしておきたいと思います。

50年準備し続けて、飽きちゃうかもしれないけど。(笑)


その番組で、年間数千人の死を看取るお医者様が出てきます。立花さんはそのお医者さんと一緒に、自宅で緩和ケアを受けている患者さんのもとを訪ねます。

その患者さんは、数日早く娘さんの誕生日を祝いたいと言って、みんなで誕生日会をします。
ハッピーバースディを歌っているその瞬間、私は涙が溢れて止まらなくなりました。

それは、死に対して悲しいとか、怖いとか、そういうものではなくて。

とても深い、尊い、深遠な何かに触れた気がしたのです。
とても神々しい何かに。

死についての話題って、タブー視されていたり、なんとなくみんな避けるけれど、最近私は、死って悪いものではないんじゃないかなあと感じています。

むしろ、神により近い場所。

そういうことを言っている人はたくさんいますが、なんとなく私もリアルにそれを感じ始めています。

あ、だからって私はまだ死にませんよ。


僕は死にましぇん!!


まだね。(笑)

多分、その時期が来たらわかる気がするんです。

でも、まだまだそんな気はまったくしないので、大丈夫。それとこれとは別。
心配しないでね。

人気ブログランキングへ
←ランキングに参加しています。気が向いたらポチっと押してね。


スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体
    posted at 16:41 | 日記 | TB(0) | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

プロフィール

まゆりん

Author:まゆりん
乳がんになり、代替療法を選択したことからさまざまなヒーリングを体験。その結果、人生が癒され幸せになりました。その体験を通して、いただいた気づきや叡智を分かち合い、幸せへの道を分かち合います。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
フリーエリア

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。