宇宙(そら)からの贈り物

人生が癒され幸せになりました。その体験を通して、いただいた気づきや叡智を分かち合い、幸せへの道を分かち合います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    posted at --:-- | スポンサー広告
次のポイントです。
これが、以前具体的な方法をお教えするといった、毎瞬毎瞬自分を幸せ、楽しい、ワクワク大満足に導く方法です。

★ 今日あった嬉しいことを書く、日記をつける。

ほんの小さなことでいいので、毎日書きます。
ここでのポイントは、誰も気づかないような小さなことにどれだけ気づけるか。

たとえば、今日もいつもどおりでよかった、とか、普段から普通にあるもの(あって当たり前だと思っていたもの)に気づいて、あってよかったなあと思えること、などなど。


他にもこういうことを言っている人がたくさんいるし、そういうアイデアを知ってはいたけれど、やってないよなあ~。
こういうのって、やったもの勝ちだよなあ~。
と、改めて思い、やってみようと思っています。


これを読んだときに、前にエチカでやっていたある主婦のお話を思い出しました。
ちょっと紹介させていただきます。

ある主婦がいました。Aさんとしましょう。
その人は結婚して故郷を離れて暮らしていました。

ある日、お父さんから電話がありました。
お母さんの様子がおかしい。妄想のようなことを言っているし、毎日死にたい死にたいと言っていると。
どうも、お母さんは認知症の症状が進んでいるらしいと。

お父さんは今まで家事をお母さんにまかせきりで、おうちのことができません。
なので、Aさんに「帰ってきてくれないか」といいます。

Aさんは、とても明るくて太陽のようだったお母さんがそんなことになっていると聞き、かなりのショックを受けました。

悩みに悩んで、でも帰るのは止めたそうです。

なぜかというと、Aさんの一人娘も重度の障害を抱えていて、Aさんの介護なしでは生活できないからです。

Aさんは、自分にできることはなんだろうと考えた末、お母さんに毎日はがきを送ることにしました。
毎日の生活を書いて、送るのです。

それからAさんは、本当に1日もかかさず日々の出来事を書いてお母さんにはがきを送ったそうです。

最初は、普通の出来事を書いていましたが、どうせ送るなら読んで元気になるものがいいと、その日あった嬉しかったこと、楽しかったことを書くようにしました。

Aさんは、普通の専業主婦で、どちらかといえば娘さんの介護のために家に閉じこもっていることが多い。だから、毎日毎日そんなに楽しいこと、嬉しいことを書けるものかと思いましたが、とにかくどんな小さなことでもいいから、楽しかったこと嬉しかったことを
探して書き続けたそうです。


お母さんは、最初の2年くらいはたいしてはがきに興味を示す様子はなかったそうです。
それでもAさんは、毎日毎日お母さんにはがきを送り続けます。

3年くらいたったころ、お父さんが電話で
「お前からのはがきを、お母さんが楽しみにしている。毎日郵便配達が来るのを今か今かと玄関で待っている」
と伝えてきました。

Aさんはさらにはがきを毎日送り続けます。

4年くらいたったある日。

認知症のお母さんから、Aさんに電話がありました。
お母さんは意識がしっかりしていて、昔の太陽のようなお母さんそのままだったそうです。

そして
「認知症、治っちゃったのよ。お医者様がもう来なくていいって」

と言ったそうです。

認知症は、進行を遅らせることはできるものの、完治はしないと言われています。

Aさんの毎日のはがきが奇跡を起こしたのです。
毎日毎日、4年間送り続けた日々の幸せな出来事がお母さんを回復させました。

テレビの取材がお母さんのもとを訪ねた映像がありましたが、本当にお母さんは普通の穏やかなおばあちゃんでした。

お母さんは、Aさんからもらったはがきをすべて保管しており、スケッチブックに貼り付けてアルバムのようにしています。
そのスケッチブックのタイトルは「希望」

お母さんは、Aさんに本当に感謝しているといっていました。


でも、Aさんは、「変わり映えのしない毎日の中で、母にはがきを書くために、楽しいこと嬉しいことを探しているうちに、それが習慣になって、とても幸せな気持ちを持ち続けることが出来るようになりました。私こそ、母に感謝しています」

と言っていました。

そしてそして、お母さんが治った今でも、Aさんは毎日お母さんにはがきを送り続けているそうです。

素晴らしいですよね。
本当に素晴らしくて、とても感動しました。ぱちぱち

私は親にどれだけ感謝の気持ちを返せているかと反省もしました。><


幸せなオーラは幸せを呼び、幸せが雪だるまのようにその人にどんどんくっついてくるのですよね。


私も去年は薄いスケジュール帳でしたが、今年は週間スケジュールのあるものを買い、そこに毎日嬉しかったこと、楽しかったこと、幸せだったことを書いていこうと思っています。

ちなみに、昨日の幸せだったことは、月がものすごくキレイだったこと。

虹の帯をまとって、本当に美しかった。

今日は満月ですね。月夜^^

人気ブログランキングへ
←ランキングに参加しています。気が向いたらポチっと押してね。

スポンサーサイト

テーマ:しあわせの素 - ジャンル:心と身体
    posted at 14:27 | 幸せのみなもと | TB(0) | CM(4)

この記事に対するコメント

ワンダホー
ハガキネタ素敵だね!!
でも最近めちゃくちゃ身にしみてわかるよ☆
ワクワク&愛を伝えると絶対に良い方向にむかうってことが!!
私のなかで確信にかわりつつあるよ(以前の松坂大輔のパクリセリフ)

私の大好きなクムフラSもいってたよね☆
1週間でも1ヶ月・・1年でもいいからメモ書きでも一日良かったなとかありがとうっておもったことを書いて、たまったら読み返すと自分が世界一幸せな人間だって思えるって♪
【2009/12/03 11:08】 URL | ノリリン #- [ 編集 ]

No title
以前、すごいネガティブで不幸だった人に、それを見かねた会社の上司が「○○さん、今日はツイてましたか?」と聞き続けたという話をTVでみたことがあります。○○さんははじめは「は?」って感じだったけど、何年か続けるうちに彼の方から「今日はこんなことがあって、ツイてました!」と笑顔で言ってくるようになったとか。それも、やはり日々の小さな小さなことで、「ツイてましたか?」と毎日聞かれるから、その人は一生懸命「ツイてたこと」を探すようになったそうです。そうするとどんどん「ツイて」ることばかりに気持ちが行くようになり、結果的に彼はツイてるハッピーな人になったという話。

それはいいなあと思って、私も「今日もツイてました、ありがとう」というタイトルのブログを作ってしばらく書き込んでたことがありました。でもそのうち面倒になってやめてしまって・・・。
これもやはり継続するのには努力がいります。やはり継続は力だね~。
【2009/12/03 11:19】 URL | あい #- [ 編集 ]

Re: ワンダホー
そうだよね~。このこと自体はわりといろいろな人が言っていることだったりするんだけど、じゃあ、やってるかっていえばやってないのよね~。
クムSも言ってたよね~。改めて素敵な人だと思ったわん。ね、松坂くん。(笑)


きよみちゃんも言っていたけど、実践。これが今のキーワードみたい。実践するか否かで大きく人生が変わるんだね。
書かなくてもいいから、常日頃寝る前とかに考えたりするといいよね。今日は何がハッピーだったかな・・・って。
これも誰かが言っていたことだけど、寝る前にハッピーな気持ちで完了するのって、実はすっごく大事らしいね。
【2009/12/03 14:01】 URL | まゆりん #- [ 編集 ]

Re: No title
そうかあ。愛ちゃんもそんな素敵なことをやってたんだね。そして、その話も素敵だね。

ほんと、継続は力なりだよね。何の反応も見返りもなくても、毎日やり続けるって、すごい。Aさんは、根底にお母さんへの愛があったからできたのだろうけど、でも、それを自分への愛と思って続けるのもいいよね。毎日必ずと思うとプレッシャーになるなら、時々だっていいしね。のりりんがコメントくれているけど、クムフラSが、後でそれを見返したときに、自分はなんて幸福なんだとうと思えるって。そうやって過去の自分に支えられるときがあるって。
それって、未来の自分への最高のプレゼントかもね。
【2009/12/03 14:06】 URL | まゆりん #- [ 編集 ]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

プロフィール

まゆりん

Author:まゆりん
乳がんになり、代替療法を選択したことからさまざまなヒーリングを体験。その結果、人生が癒され幸せになりました。その体験を通して、いただいた気づきや叡智を分かち合い、幸せへの道を分かち合います。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
フリーエリア

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。