宇宙(そら)からの贈り物

人生が癒され幸せになりました。その体験を通して、いただいた気づきや叡智を分かち合い、幸せへの道を分かち合います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    posted at --:-- | スポンサー広告
※ これは4年前の体験です。

光のセッション初回を受けたのは、2003年の6月26日でした。

まだ、がんの診断を受ける前。
以前にもお話したように、胸が腫れて病院に行きながら、もうこれは今までの生活を止めて徹底的に自分の人生を癒そうと思い、ヒーリングを受け始めたのでした。

それまでもきよみちゃん、淳ちゃんは良く知っていたのですが、ヒーリングを受けるのはこれが初めて。

その前から、二人は単発のワークショップ形式で、インナーチャイルドを癒す方法とかをやっていました。(現在はこれはやっておりませんが、光のセッションの原型となったものです)

それに参加していたことと、以前紹介した「7つのチャクラ」という本で、胸はインナーチャイルドと関係していると書いてあったのを読んでいたので、これは高井夫妻のもとに行こう、とすぐに思ったのでした。


きよみちゃんから、前回お話したように光のセッションとは?という説明を受け、
さっそく光のセッションを開始しました。


許せない人。

意外なことに父が出てきました。それ以外には誰も出てこない。

なぜ意外だったかというと、父は私にとって大好きな人だったからです。
子供の頃は本当に父が大好きで大好きで、父がある日突然(突然ではなかったのですが、子供心には突然という印象でした)家を出て行ったため、「大好きな人は、ある日突然いなくなる」という図式が出来てしまっていたくらいでした。(もちろん潜在意識的な恐れとして、ですが)

その時に許せない、という感情が出てきたあと、「私たちを捨てた」という意識が出てきました。
実際は、数年前から父と母はうまくいっていなくて喧嘩が絶えず、二人は私たちをどちらが育てるかで争っていました。

当時私は8歳でしたので正確な記憶ではないかもしれませんが、結局今でいうフリーのライターで収入が不安定だった父の方が立場が弱く、父が出て行く形になったと記憶しています。

ですから、「父が私たちを捨てた」ということとは違うし、そういう感覚は、今まで持ったことのないものでした。
でも、潜在意識的にはそう思っていたということなのでしょう。


そして許して欲しい人。これも意外でしたが、母でした。(他にも何人か)
このときは一体母に何を許して欲しいと思っているんだろう、と不思議でした。
あとでわかることですが、詳細はわからないものの、どうも過去性に関係があったようです。


次に、父からのメッセージをもらうために、父の魂に来てもらいました。(これはきよみちゃんを通して伝えられました)
それは、こんなものでした。

「父親として未熟だったために、君たちを悲しませてしまって本当に申し訳なかった。許してくれ、許してくれ。君たちのことは忘れたことはなかったし、今でも愛している。パートナーにも苦労をさせてしまって申し訳なかった、と土下座しています」

私は、もう怒っていないよ。ありがとう。そう思いました。


それから許して欲しい人たちの魂にも来て、それぞれが「私とのかかわりによって成長することができた。ありがとう」というようなメッセージをくれました。

そして、きよみちゃんの誘導のもと、許せない人も、許して欲しい人もみんな夕日に向かって歩いていきました。


次に今の自分に出てきてもらいました。

これは、本当に衝撃的でショックでした。

その時の私は、疲れ果ててぐったりしており、まともに立っていることができない状態でした。そして、極度の疲労のために感情すら無くしてしまっているようでした。
(実際、このころ、自分は何がしたくて、どんな色が好きで、ということがまったくわからなくなっていました)

自分がこんなに疲れているなんて、思ってもみなかった。

そして、その私からのメッセージは。

「あなたのことをとても、とても愛している。無条件に愛している。だから、あなたのやりたいように今までやってきたけど、もう限界なの。もう頑張ることができないの」

というものでした。

彼女は怒るでもなく、むしろもう頑張ることができない自分を申し訳ないと思っているようでした。

その彼女(自分ですが)の無限の優しさに涙があふれて仕方がありませんでした。

そして、もう限界だということをなんとかして伝えたくて、胸の不調という形でメッセージを送ったのだそうです。
でも、もうそれに気づいたのだし、バランスが崩れただけなので、バランスを取り戻せばいいだけです、とのことでした。

さらに、きよみちゃんを通して天界からメッセージがきました。
それは、

「今まであなたは、本当に良くがんばりました。今までのことはすべて計画されていたことです。あなたはテストに合格しました。これからは、すべて喜びで生きていってください」

というようなものでした。


それで、第一回目の光のセッションはおしまい。

心の状態はだいぶよくなったのだけど、肉体面では疲れがそうとう溜まっていてバランスがよくないので、次回はかなりソフトタッチのアロマテラピーを受けて、肉体を癒してからにしましょう、ということになりました。




スポンサーサイト

    posted at 00:01 | 体験記 | TB(0) | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

プロフィール

まゆりん

Author:まゆりん
乳がんになり、代替療法を選択したことからさまざまなヒーリングを体験。その結果、人生が癒され幸せになりました。その体験を通して、いただいた気づきや叡智を分かち合い、幸せへの道を分かち合います。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
フリーエリア

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。