宇宙(そら)からの贈り物

人生が癒され幸せになりました。その体験を通して、いただいた気づきや叡智を分かち合い、幸せへの道を分かち合います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    posted at --:-- | スポンサー広告
※ これは4年前の記録です

この頃の私は大変バランスを崩していたので、2週間あけずに調整した方が良いということで、2週間に1度は光のワークを受けに行っていました。

3回目は、7月23日。

この日も最近の状態を簡単にカウンセリングしたあと、さっそくセッションに入りました。

いつものように今の自分を呼び出してみると、人の輪郭はぼんやりとあるものの、どうもはっきりしない感じ。
明るい黄色の光が後ろから射し込んでいて、その光に輪郭がすけてしまっているのです。

でもそのエネルギーは、何かとても偉大な感じ。
足は地面にしっかりとついているのに、現実的な存在ではない感じで、しかし何もかも知り尽くしているような存在です。

近寄って抱きしめると、さらにその感覚が強くなりました。
「この存在はいったい何?」
あまりに偉大で、うまく言葉にできません。

すると、その存在をチャネリングしたきよみちゃんが、
「それはあなたです。すべてを知り尽くしている存在。尊敬すべき素晴らしい存在。これがあなたです。知っていましたか?」
といいます。

これが私?嘘だ。
こんなにこんなに偉大だなんて。

でも、どこか深い場所では「これは私」と知っていました。

この存在とは、前に会ったことがある。

お風呂に入っていたとき、ふと瞑想状態になって、そのときに現れてきた存在。

坊主頭で座禅を組み、深い瞑想に入っている存在。
蓮の花が周りにあり、滝に打たれているような感じ。
このとき、すぐに私だ、と感じたのでした。

気が遠くなるくらい長い間、修行をしてきた魂。
とても静かで澄んだ心をしている魂。
このときも、「私はこんなに尊敬すべき魂を持った存在なんだ」と不思議に思ったのでした。

それと同じような感覚になりました。
素晴らしい感覚。


そして、この存在と統合すると、
いつもと違って、溶け込むというよりは黄色の光の玉のような塊が、私の丹田のあたりにシュッと入りこんだような感じ。
そして、丹田からその黄色の光が外に向かって光っている、そんな感じになりました。


セッションが終わって、きよみちゃんが言うには、この存在は私のハイヤーセルフまではいかないけれど、それにかなり近い存在だったそうです。

「今後は、この存在との統合を安定させ、定着させていく作業をしていきます」
とのことでした。


安定、定着。

本当に大切なことです。

こんなすごいヒーリング体験をしたのだから、ぐっと良くなっても良いはず、と当時の私は思っていましたが、

こういう体験も忘れては思い出し、思い出しては忘れを繰り返し、4年近くたってやっと定着してきたのか、最近めったにブレなくなりました。
それでも1年に1度くらいは、忘れて迷子になります。

繰り返し、繰り返し。
そうして少しづつ、いらないものを手放して。

らせん階段のように行ったり来たりしているようでいて
少しづつ上に登っていくのです。



スポンサーサイト

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体
    posted at 09:35 | 体験記 | TB(0) | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

プロフィール

まゆりん

Author:まゆりん
乳がんになり、代替療法を選択したことからさまざまなヒーリングを体験。その結果、人生が癒され幸せになりました。その体験を通して、いただいた気づきや叡智を分かち合い、幸せへの道を分かち合います。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
フリーエリア

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。