宇宙(そら)からの贈り物

人生が癒され幸せになりました。その体験を通して、いただいた気づきや叡智を分かち合い、幸せへの道を分かち合います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    posted at --:-- | スポンサー広告
※ これは4年前の記録です。

今まで光のセッションの体験を5回目まで書いてきました。
時期でいうと、2003年6月から8月までのこと。

ここでやっと、ずっと以前書いた九州の先生のもとで集中治療を受けた時期と合致します。

どういう環境で、どういう精神状態でいた私が、光のセッションで何を感じ取っていったのかを伝えたくて、先に状況から書いていきました。

これからは、時系列に沿って、どんなことが起きていって、今のとても幸せな日々に至っているのか、お伝えしていきたいと思います。

また、今まではイオ・ラウレアさんでのヒーリング体験を主に書いていきましたが(それだけ、最初の頃の私には強烈な体験だったのです)同じく、ずっと今でも私を支えてくれているヒーラーKさんこと、斉藤和典さん(ご本人の了解を得ましたので、今回よりお名前をださせていただきます)のもとでのヒーリング体験もたくさんの学びや気づきがあったので、随時紹介していきたいと思います。


ということで、時は2003年9月に入りました。

8月の22,23日に九州のN・Y先生のもとで集中治療を受けて、先生には体に散らばっていたガンの芽は摘むことができたと言われた頃。

身体はそんな状態でしたが、精神状態は辛い時期でもありました。

それは母とのこと。

集中治療の回でも書きましたが、治療の中ほどからは母に対する不平不満、怒りなどが出てきてしまったのですが、帰ってからもその感情が納まらず、苦労していたときでした。

どうして、こうじゃないんだろう。
なんで、こんなことする(言う)んだろう。

母に対して、そんなことばかりを思っていたような気がします。
今思うと、その頃の私は母を一人の人間、女性だと思わず、マリア様のように万能な完璧な理想像に当てはめて母をみていたのだと思います。


これは、今乗り越えなくてはならないテーマだなと思っていたので、6回目の光のセッションでは、このことをきよみちゃんに相談しました。


するとまず、以前に光のセッションで、母との別れを体験しているので(良くない共依存関係を終わりにするセッション)
この過程は当然の結果だし、今までとは違った感じだと思うけど?といわれました。

確かに今までも怒りを感じることはあったけれど、単に「感情」を解放してあげればいいというレベルでした。

ところが今回は、とにかくもう、なんでもいいからすべてのことで母から解放されたいという生理的欲求のような強い衝動があります。


そして、きよみちゃんは言いました。

この憤りの本当の元は、お母さんではなく、自分の意志を殺してお母さんの言う通りにしてきた自分に対する怒りなのです。

お母さんを傷つけまいとする心から、お母さんの望むままに従ってきた、そういう自分の生き方に対する怒り。
自分を縛り付けていた自分自身に対する怒りです。
そのことを理解してください。

今は、「こんな風に思ってはいけない」とか、罪悪感を持たずに、(罪悪感が身体に一番良くないそうです)「おお、怒っている、怒っている」と、その感情を楽しんでください。

そしてもう、自分を縛り付けるのはやめて、常に自分の声を聞いてください。

例えば、子供やパートナー、友達とコミュニケーションを取るとき、
「私はこうしたいのだけど、あなたはどう思う?」と聞くでしょう?
それと同じことを自分にしてあげてください。そして、その声に従ってあげてください。

どうしても、いろいろな事情でその行動を今してあげられないときは、自分に
「ごめんね。今はこうこうこういう理由でそうはできないけど、次は必ずするからね」とか言う風に声をかけてあげてください。そして、その約束は守ってあげてね。

友達や家族にもそうするでしょう?

そうしていくと、自己愛が目覚めてきて、第二チャクラが開いてきます。

ということでした。

第二チャクラの話から、私は子供を欲しいのだけどできないかもしれないという怖れを持っていることと、今とても育みたいという欲求があることを話しました。

するときよみちゃんは、

でも、今来ているメッセージは「自己愛を育みなさい」ということのようです。

今までまゆは、何千回も人のために尽くす人生を送ってきています。なので、今回は自分のための人生を選んで生まれてきています。

だから今までそれを学ぶために、そうできにくい環境を選んで生まれてきているのね。


自分を愛して、心と体と魂のバランスが取れたとき、初めて人のためになることをすることができます。


「育む」ということは、本当はまゆはもうやってきているのね。
人のために生きるということは、ハートを育むことなの。でも、まだそういう自分に自信を持っていないようです。
今回は「育む」がテーマのようですね。


ということで、セッションが始まりました。
スポンサーサイト

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体
    posted at 12:32 | 体験記 | TB(0) | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

プロフィール

まゆりん

Author:まゆりん
乳がんになり、代替療法を選択したことからさまざまなヒーリングを体験。その結果、人生が癒され幸せになりました。その体験を通して、いただいた気づきや叡智を分かち合い、幸せへの道を分かち合います。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
フリーエリア

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。