宇宙(そら)からの贈り物

人生が癒され幸せになりました。その体験を通して、いただいた気づきや叡智を分かち合い、幸せへの道を分かち合います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    posted at --:-- | スポンサー広告
※ これは4年前の記録です。

今回は、お金をテーマにしたセッションをしたい、ときよみちゃんにお願いしました。

以前、体に良いと思われるものを買いたいのだけど、お金がない、という話から、お金がテーマの話になり、「お金がない」ということを話す私からは、とても苦しいエネルギーを感じるといわれたことがありました。
確かに、お金のことを考えると常に苦しくなっていました。

恥ずかしい話ですが、振り返れば、お金に困って誰かに借り、それもなかなか返すことができずにいて(貸した人はいつでもいいよと言ってくれてはいたのですが)この人のいうことは聞かなくてはならない、という強迫観念が起きて、自由じゃない、という思いをするパターンを繰り返してきた人生でした。
母との共依存も、お金という要素がとても大きかった。

なんとかこのパターンをもう終わりにしたい。
誰かや、何かに支配されるのではなく、真に自由にあらゆる面で自立した人生を送りたい。
少し前から強く強くそう思うようになってきていました。

なので、今日はお金をテーマにセッションをしてもらうということで、セッションがスタートしました。


いつものように目を閉じた瞬間、とてもすごい形相をした坊主頭の男性が出てきたのですが、本能的に見ないようにしました。(笑)
これは、今の自分じゃない。(セッションではいつも、今の自分をイメージしてください、というところから始まります)

今の自分、今の自分。

でも、どうしてもその人が浮かんでくるので、仕方なく(笑)きよみちゃんに「お坊さんがいる」といいました。

きよみちゃんは、とっくにチャネリングしていて「そうですね。彼はどんな様子ですか?」
といいます。

彼は、とても辛い様子でした。
神の道を歩いてきたけれど、結局報われなかった・・・。
というか、一生を終えるとき報われたと感じることができないくらい、疲れ果てていたのではないかという感じでした。

足は裸足で傷だらけ。やせこけて、とても富とは遠い感じ。

きよみちゃんは、
「彼に伝えてください。修行の時代はもう終わりました。今はもう新しい時代なんですよ。苦しむことはもう終わりです」

私はそのままを彼に伝えました。
すると、彼はその場で崩れ落ちるようにして泣き崩れました。
ほっとしたような、今までいったいなんだったんだという気持ちがごちゃまぜになっている感じでした。

そう言うと、きよみちゃんは
「あなたはこの世で、不動の心を身に着けました。それはとても尊い性質です。それに、この体験のおかげで、喜びとはどういうことかを、より強く感じることができるようになったのです。ですから、あなたの魂にとって大変に役に立つ人生でした」
といってくれました。

でも、「いったいなんだったんだ」という気持ちはしばらく消えませんでした。
今思うとそれは、この2年間必死で学校に通って、病気になって中断することになったときに感じた思いと同じでした。

それから、彼と統合しました。

セッションが終わってから、きよみちゃんはいいました。

実は、光のセッションを始めたときから、この存在に気がついていました。結構ネガティブなエネルギーを放っていたので、まゆ自身がネガティブだと統合できないのです。
ですから、時期を待っていました。
彼は、いつでも出てきてくれるわけではないし、とはいえ、今世にとても強い影響を与えている存在だったので、出てきてくれればいいなと思っていました。

今はまゆのエネルギーが上がってきていて、そろそろネガティブなエネルギーと統合することができる状態になったので、今回彼が出てきてくれて、統合することができて、本当に良かったです。

それから、もう一人上のほうにいたのわかった?
王様がいたの。もう、びっくりするくらい富の象徴のような豊かな人。
かっぷくが良くて、宝石とかジャラジャラ着けて。
冠をちゃんとかぶっていた。

まゆと僧侶の彼が抱き合っているのを後ろから見守っている感じでした。
王様の方と統合しても良かったのだけど、それだといつかまた、この僧侶が出てきて分離したままになってしまうの。
まゆがどっちを選ぶかな、と思っていたのだけど、僧侶の方を選んでくれて本当によかった。

つまり、まゆは両方体験してきているのです。
僧侶の時の、本当に苦行だけの人生。
オレンジの布を巻きつけているので、かなり位の高い僧侶だと思うのですが、あらゆる喜びや豊かさは罪悪だったので、それらを禁じて生きていて、本当に身も心もボロボロ。
実は、こういうとき本人が見ている映像はかなりオブラートに包まれているのね。
本人がショックを受けすぎないように。
でも、私はストレートに見れるので、目だけがギョロギョロしていて、本当にすごい形相の人。彼は「貧困」の象徴のような人でした。

一方、あらゆる富を体験することができた時代。富の象徴のような人。
そのうち、この王様もでてくると思います。

たぶん今世では、中庸を経験するのだろうと思います。
中庸、というのは、中くらいの富、という意味ではありません。
お金がすべてではもちろんないけれど、貧しければあらゆる人生の豊かさを体験できるわけではありません。お金は喜びを体験する重要なツールのひとつです。

一方、いくらお金があっても、それに感謝せず、失う恐れに支配されていれば決して豊かとはいえません。
そういう意味で、今世ではバランスをとることを学ぶのかもしれませんね。
ということでした。

この僧侶が出てきて、やっとそういえば…と思ったのですが、実はカウンセリングをしていて、今日はお金をテーマに、という話をし始めてから、なんともいえない、今まで嗅いだことのない変な臭いがしてきていたのですが、「なんだろう」とおもいつつ、気に留めずにいたのです。

でも、その臭いは間違いなく、この僧侶の臭いでした。僧侶の生きていた時代に住んでいた場所の臭いか、僧侶自身の臭いか…。


そしてもうひとつ、そういえば…。
私は、なぜか人生は修行だ、と思っていました。
簡単に物ごと通りすぎてはいけない。悟れるものも、悟れなくなってしまう、と。
苦しみを乗り越えてこそ、真の喜びを体験できるのだ、と。

でも、そういう時代はもう終わり。
もう喜びで生きて行っていいんだ。
どうもすぐにはしっくり来ない感じでした。


するときよみちゃんは、アファーメーションが必要なようですね、といいます。
「私は、すべての豊かさを体験します」と、思い切り大声でいってください、とクッションを渡されました。
クッションを口にあてて、大声で叫ぶのです。

でも、怖くてなかなか大声で叫ぶことができませんでした。
きよみちゃんは、「まだまだ」「まだまだ」と、もっと大きな声で思い切り、心の底から叫ぶことを望みます。

でも、怖い。

だって、そんなことを叫んだら、本当にお金が入ってきてしまうではないか!

そう思っている自分がいて、愕然としました。
欲しい、欲しいといいながら、実はお金が入ってくることを怖がっていたのです。

人生のパートナーが欲しくて、欲しくて、でもなかなかできなったときと同じ。
そのときも、実は離婚して苦しんだ母をみているので、結婚するのが怖くて、
欲しいという気持ちと同じくらい、結婚したくない!と思っていたのです。

本当に欲しいのなら、リスクを冒すことだとハワイのヒーラーさんに言われ、勇気を出して、リスクを冒す覚悟を決めた半年後、今の彼と再会したのですが。

ですから今回も、本当に豊かになるために変わろう。
人生を変える。これから私はあらゆる豊かさを体験します。
そう、心に決めよう、と思いました。


あれから4年。
今、私はかなりの部分で豊かになっています。
経済の部分では、まだ望むとおりに移行している段階中ですが、
それも、もうじきに具現化することを私は知っています。
スポンサーサイト

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体
    posted at 12:38 | 体験記 | TB(0) | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

プロフィール

まゆりん

Author:まゆりん
乳がんになり、代替療法を選択したことからさまざまなヒーリングを体験。その結果、人生が癒され幸せになりました。その体験を通して、いただいた気づきや叡智を分かち合い、幸せへの道を分かち合います。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
フリーエリア

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。