宇宙(そら)からの贈り物

人生が癒され幸せになりました。その体験を通して、いただいた気づきや叡智を分かち合い、幸せへの道を分かち合います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    posted at --:-- | スポンサー広告

あの頃

11.29.2006
私が代替療法を選択した理由のひとつには、あるサインがあったからなのですが、その話をする上でも、私の人生がどのように変わったのかをお知らせする上でも、今日は私の昔のお話を少ししたいと思います。

幸せではないときの話なので、ちょっと読むのがしんどいかもしれませんが、できればお付き合いください。


当時私は、クレーム処理に近い、とてもストレスの溜まる職場で昼間働き、夜は週3回程度、資格をとるために学校に行っていました。週末はほぼ毎週レポート作成。お金も時間もないので、食事は毎食パンやファーストフードでした。

どうしてそんなに頑張っていたのかというと。

私は、20歳のころから舞台に憧れ、ある劇団に入ってお芝居をしていました。舞台に立つたびに発生するチケットノルマ。稽古のためにバイトも出来ない時期があり、おのずと借金が増えました。

30歳に近づく頃には将来への不安が募り、自分が何をしたいのかわからなくなって、すっかり迷子になってしまった私は、芝居をやめて派遣で事務の仕事を始めました。

それでも、その当時からあった借金はなかなか減らず、借りては返し、また借りては返しを繰り返していました。

そんな状態だったので仕事をやめることが怖くて、親に金銭面での迷惑をかけるわけにもいかず、強烈にストレスの溜まる職場でさえ手放すことができないでいたのです。

それに、どこかで母親に認めてもらいたいという気持ちがありました。

私の両親は、私が9歳の時に離婚しました。母はその後、私たち3人を女手1つで育てました。母は父をなかなか許すことが出来ませんでした。

父は、もともと四国で放送作家をしていたのですが、東京に出てきてから仕事がなく別の仕事をしていました。

父とは私が10歳頃から会っていないのですが、聞いた話では、歳をとって仕事をやめてから生活保護を受ける状態になってしまいました。
その状況だけで想像するに、父は決して幸せではなさそうだし、そういう風にはなりたくない。母が許すことのできなかった父のようにはなりたくない。

当時の私はそう思っていました。

また、パートナーが出来ないことで悩んでもいました。

30歳頃までは芝居に夢中で結婚など考えていなかったのですが、自分の進む道に迷子になって立ち止まったとき、これからの人生を考えるとき、やはり人生を共に歩むパートナーが欲しいと痛感するようになりました。

しかし、なかなか良い人が現れない。というより、好きな人すらできない状態が続きました。パートナーが欲しいと思ってから、約5年ほど経ってやっと好きな人ができ、付き合うことになったのですが、その人はいろいろ事情があって、当時結婚願望がなく、その彼にも3ヶ月ほどで振られてしまいました。

もう一生一人かもしれないなあ。

今でも覚えているのですが、強烈な寂しさに襲われた私は、この頃、神様に心の底から叫びました。

「もういや!もう辛いことはたくさん!幸せになりたい!幸せになるために必要なことがあるならなんだってやるから、神様!幸せになりたい!」

号泣しながら、絶叫し助けを求めました。

そしてその「幸せになりたい」という願いは、数年後究極の形で、自分が想像していた何倍もの大きさで叶えられることになります。

ですが、その前に私の場合、病気を通して自分と向きあい、自分を、自分の人生を癒す必要がありました。

ちなみに、その前から小さな胸のしこりはあったものの、のちにガンになるしこりが出来たのは、この頃です。

先ほど話したストレスの溜まる職場には、この後移動することになるのですが、不安で手放すことができず、一方で「一生一人でも食べていけるだけの確実な資格」が欲しくて必死に勉強していました。しかも、親に認めてもらうために完璧な成績を目指しました。


病気になる直前のこの頃。心身共に疲れ果てていました。
でも、恐れでいっぱいで何一つ生活を変えることができなかった。

で、ある日思ったんです。

「病気になりたい。入院するような病気になりたい。そうしたら、親も今の生活をやめることを許してくれるだろう」

母は別に、何も強制していたわけではないのですが、なぜかこう思ったのです。


さあ、今日は重い話でしたねえ。

ですので、このへんで終わりにします。

でも、次回ももう少し昔の話におつきあいください。病気になる直前の話です。


スポンサーサイト

テーマ:こころ - ジャンル:心と身体
    posted at 13:52 | 体験記 | TB(0) | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

プロフィール

まゆりん

Author:まゆりん
乳がんになり、代替療法を選択したことからさまざまなヒーリングを体験。その結果、人生が癒され幸せになりました。その体験を通して、いただいた気づきや叡智を分かち合い、幸せへの道を分かち合います。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
フリーエリア

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。