宇宙(そら)からの贈り物

人生が癒され幸せになりました。その体験を通して、いただいた気づきや叡智を分かち合い、幸せへの道を分かち合います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    posted at --:-- | スポンサー広告
※ これは4年前の記録です。

女神のワークが始まりました。

意識が遠のいていくような、身体がしびれるような。
視界がどんどん黄色くなっていって・・・

その反面、「期待していたわりに何も起こらなかったからどうしよう」とか、
「二人で黙ってじっと見つめ合って、すごく異様な光景だよな」(笑)とか、
すごく客観的に見ている自分もいました。

でも、視界がますます黄色くなっていったとき、うわっと涙がでてきました。
何も浮かんできたわけではなかったけれど、涙がどんどん出てくる。

いつの間にかきよみちゃんは私のそばに座り、私の手をとっていました。

そのあたりから、ある想いが浮かんできていました。
それは、

「何もできなかった」

です。

「あんなにひどいことが行なわれていたのに、私には何もすることができなかった」と。

そのものすごい悲しみ。

ただ、だまって見ていることしかできなかった、
何も変えることができなかった無念さ。

そして、変えることが出来なかった自分に罪悪感を持ち、自分を傷つけることでつぐなおうとしていた。

なにがなんだか私にもわからないのですが、とにかくそういう感情だけが強烈に浮き上がってきます。

私は、その時女神と化しているきよみちゃんに聞きました。

「あの人たちは今みんな幸せになっているの?大丈夫なの?」

女神は、「もうみんな歩き始めています」
といいます。

その時、強烈な恐怖が襲ってきました。

「怖い。見るのが怖い。あんなひどいことを。
もし私が目を開いたら、またあれを見なくてはいけない」

という想いが襲ってきました。「目を開いたら」というのは、第3の目を開くというか、高次元とつながる回路を目覚めさせるというか、意識を完全に目覚めさせるというか、何かそんな感じのことです。


そして、その想いに続いて、あるビジョンが見え始めました。
それは、水の底から水面を見てもがいている私。
足には錘のようなものがあって身動きがとれず、どんどん沈んでいきます。

多分、水に沈められて殺されたときの記憶なのでしょう。息がどんどん苦しくなっていきます。

(余談ですが、以前からきよみちゃんは、当時ラムサに集まっていたグループは多分、昔魔女狩りとかがあった頃に女神の仕事をしていたのだけど、魔女だとして殺された体験を持っている可能性が高いということを言っていました。私も昔シャーマンのような占い師のような預言することをしていたような体験を思い出したことがあり、多分、このときも、それにかかわる記憶なのだという感じがしました)

「何もできなくて、こうして殺されていく」ということの恐怖。

身体があのときの記憶を完全に思い出したようで、きよみちゃんと現在に生きているはずのこの私が、確かにおぼれる恐怖の体験をしています。

次の瞬間すごい声で叫んでいる私がいました。苦しかった。
客観的に見ているもう一人の私がこの事態にとても驚き、こんな悲しみ、苦しみを抱えていたんだ・・・とあっけにとられました。


女神化したきよみちゃんは、

「もう仲間は先に進んでいますよ。そして、あなたを待っている。目を開くとひどい世界を見ることになる、というのは過去の記憶が作り出す幻想にすぎないし、実は素晴らしい世界が待っているのです。

先に進むのも進まないのもあなた次第です。ですが、進まなければ後悔してもしきれないほどの想いを残すことになります。

私は光の方へ進みます。あなたはどうしますか?」

といいます。

そこまで言われても、そのとき私は「私も進みます」といえなかった。
それぐらい恐怖が強かったのです。


答えない私にきよみちゃんは、

「もう時間がないの。一人でも多くの協力者が必要なのです。

今までの苦悩が報われる素晴らしいこの時代に生まれてくるということは、今度こそ想いを成就させようというあなたの魂の選択なのです


あの時なにもできなかったという想いを癒すには、まず何もしないことを自分に許してあげてください。

そして、何かできるとしたら、それはあなたが楽しく幸せに生きていくことです」

といいます。

そういわれながら、少しづつ意識が戻っていきました。
戻っていく途中で、「ああ、終わったんだ」と感じました。


そして目を開けると、今までと何も変わらない平和な現在がありました。


あまりの強烈な体験にボ~っとしていると、きよみちゃんが
「今日はゆっくりお風呂に入って汗を流して、時々真水を浴びるとすっきりします。
つかりながら、今までのことをたっぷり自分と分かちあってください」

といわれ、女神のワークは終了しました。


スポンサーサイト

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体
    posted at 12:58 | 体験記 | TB(0) | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

プロフィール

まゆりん

Author:まゆりん
乳がんになり、代替療法を選択したことからさまざまなヒーリングを体験。その結果、人生が癒され幸せになりました。その体験を通して、いただいた気づきや叡智を分かち合い、幸せへの道を分かち合います。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
フリーエリア

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。