宇宙(そら)からの贈り物

人生が癒され幸せになりました。その体験を通して、いただいた気づきや叡智を分かち合い、幸せへの道を分かち合います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    posted at --:-- | スポンサー広告
※ これは4年前の記録です

2004年3月30日
この日は、ラムサでグループセッションの日でした。

女神のワークの整理がつかないまま、とてもパワフルなグループワークに参加したため、エネルギーの高さに頭はボーっとして、なんだかおながかいっぱいな感じで
「スピリチュアルなことはもういらない!」という感じになっていました。


ちょうどその頃ラムサでは、ネイチャーツアーという、ハワイに行って、スピリチュアルスポットに行ったりイルカと泳いだり、ネイティブハワイアンのアカにハワイの教えを伝授してもらったりといったツアーをやっていて、その時に集まっていた人たちはそのツアーから帰ったばかり。

当然話はハワイでの体験になり、行っていない人はその話を聞く状態。

ハワイという土地ではうそがつけなくなるので、みんな浄化しまくりで、その体験と、それによって得た気づきや、得た祝福の話をしていたのですが。

私は大好きなハワイに行っていろいろな体験をしているみんながうらやましくてうらやましくて仕方がなかった。

ハワイに行っていない人は蚊帳の外って気分で、私は「おいてきぼりにされている。みんなからどんどん取り残されて、私だけ祝福を受けられていない」などというような、
いじけた気持ちになっていました。

寂しさと怒りがこみ上げてきて、リンパは痛くなるし、頭も痛く、めまいと吐き気がして最悪の気分になってしまいました。


我慢して帰って、あまりに暗い気分だったのでお風呂に入ったら、すぐにわっと涙が出てきました。
そのまま自分で、光のセッションをしてみることに。

女神のワークで出てきたことが何かでてくるのだろうと思っていたら、
出てきたのはインナーチャイルドで、ちょっと意外でした。

小学校低学年くらいの私は、出てくるなり無邪気に
「早く、上手にできないと、おいていかれちゃう。そうすると、パパやママにほめられないから」
といいます。

子供の頃、早くできなくておいていかれたことや、良い子じゃないからパパが家を出て行ってしまったと思っていることが原因なのかも知れません。

「ハグさせて」というと、元気に「うん!」といいます。
その無邪気さがけなげで胸が痛くなりました。

私は、「ごめんね、わかってあげてなくて。あのね、うまくやらなくたっていいんだよ。早くやらなくたっていいんだよ。まゆのペースで進めばいいんだよ。上手じゃなくても、思ったようにやればいいんだよ」
といいました。

すると、彼女は急に泣き顔になって、心細そうに「ほんと?」といいます。

かわいそうに。
しっかり抱きしめて統合しました。

この日記を書いていた当時は気がつきませんでしたが、夢に続いてというか、このインナーチャイルドがあったからか、またまた続いてこの頃「自分らしく」「自分のペースで」というメッセージが来ていましたね。

このテーマ、4年たった今でも取り組み中です。
誰とも比べずに自分らしく、自分のペースで。
誰とも比べずに、思い切り自由に自分の本質で生きる。

なかなか難しい取り組みですが、そうありたいと思います。


スポンサーサイト

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体
    posted at 00:00 | 体験記 | TB(0) | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

プロフィール

まゆりん

Author:まゆりん
乳がんになり、代替療法を選択したことからさまざまなヒーリングを体験。その結果、人生が癒され幸せになりました。その体験を通して、いただいた気づきや叡智を分かち合い、幸せへの道を分かち合います。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
フリーエリア

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。