宇宙(そら)からの贈り物

人生が癒され幸せになりました。その体験を通して、いただいた気づきや叡智を分かち合い、幸せへの道を分かち合います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    posted at --:-- | スポンサー広告

1本の道

06.09.2008
※ これは4年前の記録です。

2004年6月10日、アンマのダルシャンが終わってから、最初の和典のヒーリングの日です。

九州の先生の治療はまだ保留になっており、福井の先生には、もうがん細胞は殺したといわれている状態で、和さんに様子を見てもらうことになっていました。


和典のヒーリングの時には、最初と最後にコップ半分くらいの水を飲みます。これは、詳しくはわからないのですが、多分聖水の入ったお水だと思います。まったりとしたおいしい水です。

この日は、ヒーリングの前に水を飲んだときに、腰のあたりがすーっとしてきて(エネルギーが動くとき、私は湿布を貼ったように身体がスースーします)「あー、なんか来てる来てる」と思いました。

そしてヒーリングが始まり、ベットに横たわったらすぐに、ものすごい量のエネルギーに包まれて、身体が浮いている感じ。和さんに思わず、「今日すごい!身体が浮いてる!」と言ってしまいました。


和さんがヒーリングしている時間は短かったのですが、その間ずっとまばゆい光や、神様の姿ばかりが浮かんでいました。

おそらくハイヤーセルフだろうと感じられる存在も出てきたので、ふと思いついて、統合してみると、丹田のあたりに光の玉がドンッ!と落ちてきてから身体中に広がり、とても素晴らしいなあ、ありがたいなあ・・・と思いました。


ヒーリングが終わると和さんは、
「私がみたところ、がん細胞は完全にはなくなっていないようです。良くなっていることは確かだけど、油断すれば、また悪さをしそうです。でも、食事は今のままでいいし、九州の先生も2~3ヶ月に1度でいいです。

福井の先生は治る時は早いけど、どうも福井の先生の治療だけでは十分ではないようです。

それから、今日はアンマのエネルギーを感じた気がします。これからもたくさんアンマと繋がってください」

というようなお話でした。


そんな感じでヒーリングが終わったので、立ち上がろうとしたら腰が抜けてしまって立てません。

和さんは「少し休んでいなさい」と言って、部屋を出て行きました。

そのドアが閉まったとたん、なんだかさっぱりわからないけれど、涙が溢れてきました。なんだかありがたくて、ありがたくて。

しばらく泣いてからゆっくり立ち上がると、なんとか立てたものの歩くことができずに、立ちすくんでしまいました。


その時、あるビジョンが見えてきました。
キラキラと輝く1本の道が私の目の前にすっと伸びています。

他に道はなく、この道を歩いていくしかない、と感じました。
それは、今まで逃げてきた光へ続く道だと確信しました。

その時、和さんが戻ってきて「どう?」と聞くので、
「立てたけど、歩けないの」というと、
「じゃあ、お祈りしなさい。そうしたら動けるようになるから」と言うので、
ひざまづいてお祈りしようとしたとたん、ヒーリングルームにあるアンマの祭壇の方にひれふすような形になり、堰を切ったように号泣してしまいました。

おそらくこの瞬間、エゴがはずれたのだと思うのですが、
もう理屈抜きに圧倒的な力を前にして、自分の無力さとわがままさを感じ、逃げてきたことに対して、「お許しください」という気持ちでいっぱいになったのです。

これはまぎれもなく、神の足元にひれ伏して、許しを請う民の図なのでした。
その祭壇の前には、圧倒的な力が確かに存在していたのです。

すべてが私の意志とは関係なく、身体も私の言うことを聞かず、何かに動かされるようにして起きたこと。

神なのかわかりませんが、とにかく高次元のエネルギーをはっきりと感じ、「ゆだねる」ということを思い知らされた強烈な体験でした。





スポンサーサイト

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体
    posted at 10:11 | 体験記 | TB(0) | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

プロフィール

まゆりん

Author:まゆりん
乳がんになり、代替療法を選択したことからさまざまなヒーリングを体験。その結果、人生が癒され幸せになりました。その体験を通して、いただいた気づきや叡智を分かち合い、幸せへの道を分かち合います。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
フリーエリア

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。