宇宙(そら)からの贈り物

人生が癒され幸せになりました。その体験を通して、いただいた気づきや叡智を分かち合い、幸せへの道を分かち合います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    posted at --:-- | スポンサー広告
※ これは4年前の記録です。

さて、いろいろな想いを抱えて、パートナーと一緒に和さんのヒーリングに行きました。

私の身体をみたあと、和さんは
「肺にポチンとした動くものがある。でも、やっぱりN・Y先生がいうほどまでに、今は深刻なものではないと思います。もちろん放っておけば、どうなのかはわかりませんが。

それより、身体がガチガチに固まってしまっていて、その方が問題。これでは、良くなるものも良くならない」

といいます。そして、どうしますか?と。

私はまだ混乱している、といいました。すると和さんは、

「では、私の直感から先にいいます。私は、福井の先生とアンマを選択した方がいいと思います。私がヒーリングしているときに流れてくるエネルギーに意識を向けると、ハートがふーっと開きます。そして、アンマの写真に目がいく。福井の先生も同じです。先生のエネルギーに意識を向けると、先生のお宅の壁にかかっている仙人の絵にふっと目がいき、ハートが開く。どちらも愛のエネルギー、ハートから流れるものです。

N・Y先生は、人を救うために技術を磨いて磨いて、それはすごいものです。先生のエネルギーもとても強い。でも、アンマや福井の先生のように、エネルギーがハートを通っているかというとわかりません。それはもしかしたら、先生ががんで前の奥様を亡くしたときに、何度も神様にお願いをしたけれど助からなかったから、私は神を信じないといっている、そのことが原因なのかもしれません。

今N・Y先生に何が起きているのか、私にはわかりません。でも、先生があんなことをいうなんて、変だと思わなかった?」

というので、私は最初から感じていた違和感に気づいたことを、正直に和さんに話しました。だから、私の選択はもうアンマと福井の先生なのだと。でも、それをN・Y先生に話すのはとても怖い、といいました。
しかも、なんであれ、善意でいってくれていることなのだし。

すると、和さんは
「もしもあなたが、話すのが嫌なら私が代わりにすべて話します。もし自分で話したいのなら、それでもいい。どうしますか?」

といいます。私は、その恐怖とどう向き合ったらよいのかわからないけれど、自分でもきちんと話した方がいいとは思っていました。

なので、少し考えさせて欲しいといいました。


スポンサーサイト

テーマ:癒し・ヒーリング - ジャンル:心と身体
    posted at 10:02 | 体験記 | TB(0) | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

プロフィール

まゆりん

Author:まゆりん
乳がんになり、代替療法を選択したことからさまざまなヒーリングを体験。その結果、人生が癒され幸せになりました。その体験を通して、いただいた気づきや叡智を分かち合い、幸せへの道を分かち合います。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
フリーエリア

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。